将棋のルール

スポンサードリンク

序盤の戦い方・初手の考え方

将棋の序盤戦の、基本的な戦い方について説明します。まずは初手の指し方から。


▲7六角。大駒の角を活用する手。

 

 

▲2六歩。大駒の飛車を活用する手。

 

初手はまず大駒を活用する事を考えます。上記のどちらかが一般的な指し方で主流になっています。他には▲5六歩や5八飛など、初手から、中飛車に構える作戦もあります。

 

初手以降、作戦がお互い決まったら、次に玉を堅めにいきます。将棋は、王様を詰まされると負けてしまうので、序盤のうちに戦いはおこさず、王様を固める事に専念します。

 

スポンサードリンク